豊洲の審美・セラミック歯科治療なら

〒135-0061 東京都江東区豊洲1丁目-3-1 2F
東京メトロ有楽町線「豊洲駅」徒歩10分/JR京葉線「越中島駅」徒歩10分

診療時間
10:00〜13:00 ×
14:30〜21:00 ×

△:14:30〜18:00
休診日:日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-5547-1418

当院の虫歯治療

痛みの少ない治療で患者さまの不安を軽減

歯科治療の痛みが苦手という方は少なくないでしょう。当院ではそんな患者さまを救いたいという思いから、なるべく痛みの少ない治療を心がけています。

治療中の痛みを抑えるためには適切に麻酔処置をしますが、この麻酔注射がイヤ、という方も多いはず。そこで当院では、あのチクっとした麻酔注射の痛みを和らげる工夫をしています。

注射針は日本で入手できるものの中で最も細い極細針を使用し、歯ぐきに刺さるときの負荷を最小限に。さらに麻酔液を少量ずつゆっくりと注入することで、より刺激を和らげています。このような注射のテクニックは、長年経験を積み重ねてきた当院の院長だからこそできることなのです。

なるべく削らない治療で大切な歯を守ります

歯は削れば削るほど寿命が短くなり、最終的に抜歯になるリスクが高まります。虫歯を再発させず、歯を長持ちさせるためには、なるべく歯を削らないほうがいいのです。

そこで当院では、虫歯の部分だけをピンポイントに削って健康な歯をなるべく残す「MI治療(ミニマルインターベンション)」に取り組んでいます。

コンポジットレジン

虫歯を治療する際は、健康な歯を削る量が少なくて済むコンポジットレジン(歯科用のプラスチック)を詰めて修復する方法をとっています。コンポジットレジンは白い素材なのでお口の中で目立ちにくく、金属アレルギーの心配もないのが特徴です。

セラミック治療

虫歯を削った後の詰め物を銀歯にする場合は、外れたり擦り減ったりしないだけの強度を得るために、厚く大きく作る必要があります。そのため土台となる歯を大きく削る必要があり、必然的に虫歯になっていない健康な歯の組織も大きく削らなければなりません。

しかし、セラミックなら素材自体の強度が強いため、詰め物を薄く作っても外れにくく擦り減りにくいというメリットがあります。銀歯に比べて歯を大きく削る必要がなく、健康な歯をなるべく残して虫歯の部分だけを削るMI治療に適しているのです。

※セラミック治療は自費診療です

虫歯治療の流れ

虫歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

虫歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

虫歯の部分を取り除く

虫歯の病巣を慎重に取り除きます。残念ながら歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

当院ではむやみに神経を抜く治療はしていません。

詰め物や被せ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

虫歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

03-5547-1418

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:10:00〜13:00
午後:14:30〜21:00
△:14:30〜18:00
休診日:日曜・祝日

03-5547-1418

〒135-0061
東京都江東区豊洲1丁目-3-1 2F
東京メトロ有楽町線「豊洲駅」徒歩10分
JR京葉線「越中島駅」徒歩10分